コーヒーのおいしい淹れ方

「最上の豆」を最高の美味しいコーヒーに…

美味しいコーヒー豆を、より美味しい一杯のコーヒーに淹れるー
難しそうに思えますが、コツさえ押さえれば、ご自宅でいつでも美味しいコーヒーをお楽しみいただけます。
コーヒープレスを使った淹れ方は、最も豆の魅力を引き出し、さらに淹れ方が簡単でオススメです。

COFFEE PRESS

簡単に最高の味が楽しめる「コーヒープレス」

誰でも、とても手軽にコーヒー豆の素材本来の味を引き出せます。
くれあーるの試飲はプレスで淹れています。

挽いた豆を入れる。(普通挽きでOK)
目安は、お湯350ccに対し、コーヒー豆 16g
お湯500ccに対し、コーヒー豆 24g
お湯1000ccに対し、コーヒー豆 42g
お好みで2〜3g増減してください。

挽いた豆を入れる。

お湯を数回に分けていれても良し!!

90〜95℃くらいのお湯を一気に注ぎます。

90〜95℃くらいのお湯を一気に注ぎます。

フィルターは上げたままの状態で蓋をします。
キッチンタイマーで4分セットして待ちます。

フィルターは上げたままの状態で蓋をします。

4分経ったら、フィルターを押し下げます。

4分経ったら、フィルターを押し下げます。

カップに注いでおいしいコーヒーをお楽しみください。

カップに注いでおいしいコーヒーをお楽しみください。

フレンチプレスで抽出されたコーヒーには、香りをもつコーヒーオイル(油分)までしっかりと抽出されます。

コーヒーの微粒子が気になる!!という方へ…

  • 保温性の高い水筒やステンレスボトルなどのポットを用意します。
  • プレスコーヒーをポットに注ぎ、2〜3分置きます。
  • 細かい粉が下に沈むので、沈殿したが粉が入らないように、そーっとカップに注げば、住んだコーヒーに!

プレスからカップに注ぎ切れなかったコーヒーも、
1時間位は美味しく飲めます!!

コーヒープレスを洗うときは!!

フィルター部分を分解して洗剤などで洗って下さい。
※しばらく使わなかった時は、ほんの少しのコーヒーを入れたお湯につけ、軽く洗ってからご使用下さい。味が安定します。

アイスコーヒーを楽しむ

サーバー、または麦茶のポットなどに氷を淹れます。

サーバー、または麦茶のポットなどに氷を淹れます。

氷をたくさん使うので、多めに用意してください!

通常の2倍の濃さのコーヒーを作ります。
(コーヒープレスもドリップも同じく2倍の濃さで作ります。)

通常の2倍の濃さのコーヒーを作ります。

お湯の量を半分にして3〜4分!
※目安ですので濃さはお好みで調整してください。

出来上がったコーヒーを、1で用意した氷の中に一気に注ぎます。

出来上がったコーヒーを氷の中に一気に注ぎます。

POINTは急冷すること!
マドラーでかき混ぜてすぐに冷やしましょう。

グラスに注いで出来上がり。
味はペーパーで淹れたコーヒーとは比べものにならない程のおいしさでやみつき!

グラスに注いで出来上がり。

ご質問等ございましたら、店頭でもご案内しております。お気軽にご相談下さい。

どうしてコーヒープレスがおすすめなの?

良い豆の美味しさは「コーヒーオイル」の中に凝縮されています。
ペーパーやネルを使うと、その旨味成分のオイルをフィルターが吸ってしまうのです。

以前別で飲んだプレスコーヒーが美味しくなかった。
それは多分、お使いになった豆に問題があると思います。
質の悪いコーヒーオイルには「マズさ」も入っており、そのまずさが全て出てしまうのです。そのような豆はペーパーで淹れた方が美味しいです。

DRIP COFFEE

ドリップコーヒーの淹れ方

フィルターは金属もしくはケナフ入を用意。
普通のフィルターを使用すると脂肪分の約半分程がペーパーに吸収され、美味しさが損なわれます

挽いた豆を入れる。

上質なコーヒーの美味しさの多くは豆の脂肪分。
美味しさを損なわないためにもケナフ入りがおすすめです。

お湯を沸騰させ、少し冷まして90℃くらいになってから入れてください。
沸騰したら火を止めて、器具を用意してください。
その間に少しお湯が冷めます。

90〜95℃くらいのお湯を一気に注ぎます。

お湯の温度は90〜95℃くらいが最適。
沸騰してから自然と冷ましましょう。

お湯は、最初にコーヒー粉全体に湿らせるくらいを注ぎます。
30秒〜1分ほど待った後に、3〜4回に分けて注いでください。

フィルターは上げたままの状態で蓋をします。

2回目以降ドリッパーにお湯を注ぐときは、ドリッパーに付いた粉の壁にお湯を掛けないように注意。
コーヒー粉の壁を落としてしまうと、そこからお湯が直接出てしまいます。

4分経ったら、フィルターを押し下げます。

ドリップするときに、ペーパーについて「粉の壁」を落とさない!

必要な杯数分のコーヒーができたら、ドリッパーにコーヒーが残っていてもドリッパーを外してください。

カップに注いでおいしいコーヒーをお楽しみください。

コーヒーが濃い目に入ってしまった場合は、お好みの濃さにするため、お湯で薄めてください。

カップに注げば出来上がり。ドリップの淹れ方は、千差万別です。色々な淹れ方がWEBで紹介されてるので、是非いろんな淹れ方に挑戦してみてください。

カップに注いでおいしいコーヒーをお楽しみください。